任意売却・住宅ローン滞納なら大阪のエクセルホーム株式会社|任意売却と競売の違い

 

任意売却と競売の違い

   
 任意売却と競売の違いを解りやすく比較した内容です。
 任意売却は、競売よりも有利な条件で不動産を処分できる方法ですが
 実際にはどのように有利なのかを項目ごとに解説しております。
   
 
任意売却の場合 
 
競売の場合
 
売却価格
  売却先は一般エンドユーザーなの
  で、市場価格にて売却ができる為
  残債務の負担を軽減できます。
  落札者の大半が不動産業者なので
  市場価格より低い価格で落札され
  残債務の負担が多く残ります。
  売却方法
  一般の売却物件と同じです。近隣
  の方へは競売にかかっていること
  を知られずに売却が可能です。
  身内等への買戻しも可能な場合も
  あります。
  公示の時期が到来すると、新聞・
  情報誌・ネット等で競売情報が掲
  載され、ご近所、親戚、取引先に
  競売にかかっていることが知られ
  ることがあります。
 転居費用等
  転居に要する費用を捻出すること
  ができるので、転居時の負担を軽
  減でき、また、お手元に現金を残
  すことも可能です。
  転居費用の捻出はできません。
  転居時期
  時期、期間はご自身で選ぶことも
  でき、買主様との相談も可能です。
  競売で落札されれば、落札者より
  無条件、短期間で強制退去させら
  れます。 
  売却経費 
  仲介手数料、売渡登記費用等の
  却経費は必要となりますが、
  売却代金の中から捻出させて頂き
  ますので、現金をご用意いただく
  必はありません。 
  費用は一切かかりませんが、売却
  価格が市場価格の6~7割のため
  格安価格で落札者へ売却すること
  になります。
  売却後の
  残債務 
  売却後の残債務については、無理
  のない低額での分割弁済の相談も
  可能です。
  競売後の残債務についての返済条
  件等は一切相談には応じてもらえ
  ません。 
   
 両方の違いを見れば一目瞭然です。
 明らかに競売よりも任意売却の方がご自身にとって有利になります。
 
 それでも競売を選ばれますか?』
   
住宅ローン滞納でお困りの方、任意売却は大阪のエクセルホーム株式会社へ
<<エクセルホーム株式会社>> 〒541-0043 大阪市中央区高麗橋2丁目2番7号 東栄ビル604号 TEL:06-6233-9330 FAX:06-6233-9331